FC2ブログ
2010.09.27

旅行博の回想

旅行博の存在を知ったのは、CA入社2年目の若い時でした。
我がエアラインも出展するそのお手伝いのため、お呼びがかかりました。
CA業以外でも会社に貢献して、
様々なセクションのスタッフとも交流することは私の望む社会人生活。

お手伝いすることはいたって簡単。
我がエアラインのブースを訪れてくれた来場者の方々に
アンケートの記入をお願いしたり
エアライングッズを配ったりするだけで
良いお時給を頂きました。

我がエアラインのブースを訪れる人は
単に旅行が好きとか、台湾に行ってみたいとかいう方が大半です。(我がエアラインの本拠地は台湾)
時々、ちょっと違うジャンルの人が紛れているんですが
そのジャンルの方々の対応に戸惑いました。

その方々は、望遠レンズの付いたカメラを持っていたりして。
私は決してアイドルでもないのに握手や写真撮影を求められたりして。
あからさまに嫌がる事もできず、困った記憶がございます。

そして今年も旅行博がやってきました。
お手伝いをしている我がエアラインのCAを激励に行ってみると。
CA業をこなす時と同じように一生懸命、笑顔で、テキパキ応対している後輩ちゃん。ステキ☆
ちょっと違うジャンルの方々の姿も見えないので余計な心配は要らないみたい
それでは早速、よそのブースを廻るとしましょう。
粗品ゲットに試飲に試食が目当ての旅行博を満喫したのでした。








Posted at 23:39 | CAのお話 | COM(0) | TB(0) |
2010.08.31

LOVE INSIDE

CA退職に際して、仕事道具を整理していたら良い物が出てきました。

愛社精神度が高い方の私は
会社のロゴ入りでかつ、非売品の物が手に入ると
大事に取っておく習慣がありました。
搭乗手続きで預け荷物に貼るステッカーも
航空会社のロゴ入りならステキ☆に見えます。

「LOVE INSIDE」
…大切に運んで欲しいという気持ちと、
この荷物にかかわる全ての人がどんな「LOVE」かを想像して温かく見つめる。

日本語の「取り扱い注意」とか「こわれもの」とか言う表現とは
何か違う…「LOVE INSIDE」ステキ☆
ユーモアのセンスが私の心を掴んだのでした。
1000831.jpg



Posted at 22:52 | CAのお話 | COM(0) | TB(0) |
2010.08.29

ラストフライト後編

育児休暇半ばにして、CA業には復帰せず会社を辞める事を決めました。
涙もろい私にとっては、同僚のラストフライトでさえ仕事に集中できないので
このタイミングで、そーぉっと退職することははベストな筋書きです。

フライトはもうしないとは言っても
事務手続きのためオフィスのある空港へ行かなければなりません。
成田国際空港はもう、私を1人の空港関係者としてではなく
お客様として迎えてくれているようにも感じてきます。
フライトに出勤する緊張感はもう湧いて来ず、何処か特別な場所に来た気分。

そーぉっと退職すると言っても、誰にも会いたくない訳では有りません。
会いたい人は、その日もバッチリ制服が似合っていました。ステキ☆
12年間の私の様々な節目を目撃してきた人です。

「あなたがいなかったら、今の私もいない」
感謝の気持ちを込めた言葉を込めて渡したカード。
その場で封を空けた彼女の視線が、止まっているのが見えてしまった。

高校野球選手権大会の決勝が終わった事を知らせるサイレンをBGMに
私の退職セレモニーも終了。
12年間の感謝の涙か、高校球児に対する感動の涙か?
やはり私は涙もろいCAだからラストフライトは御免こうむりたい。


Posted at 23:35 | CAのお話 | COM(4) | TB(0) |
2010.08.24

ラストフライト前編

CAがその職を辞す最後の乗務を、文字通りラストフライトと呼びます。

その日が来たとしても主役は今日もお客様。
いつも通り慌ただしく事は進みます。

何度も同僚のラストフライトに遭遇して来た私。
ラストフライトを迎えてしまった彼女の為に何か出来ないか?
何も特別な事はせずにいつも通りでいる方が良いのか?
結局、乗務中は彼女が気になって仕方が有りませんでした。

ややこしいお客様の対応を強いられてはいないか?
ちゃんとご飯食べたか?
フライト後の記念撮影は何処で撮ろうか?
彼女よりソワソワしていたものです。
ふとした瞬間に彼女が気になり姿を見付けてはにんまりする。
そんな光景が、たとえ飛行時間が短くてもゆっくりスローモーションで流れてゆきます。

飛行機がとうとう着陸してしまったその瞬間、彼女の出番です。
「皆様、この飛行機は 成田国際空港に 着陸致しました。」ステキ☆
このフレーズを聞いただけなのに、じ~んと来て必死に何かをこらえて外を見るふり。
アナウンスをする彼女は至って冷静で、かつ、どこかにこやかな声。
これが涙もろい私の心を揺さぶります。

ラストフライトのクライマックスはここから。
到着ロビーでは、彼女を待ち構えている人たちがいます。
同期や家族、友人達が「お疲れ様」の一言に花束を添えてお出迎え。
やっとそこで彼女の涙がポロリ。私は、お決まりのもらい泣き。

私は、絶対ラストフライトは御免こうむりたいと思ってきました。
何故って、涙もろくて仕事にならないのが落ちでしょう。


つづく


Posted at 23:01 | CAのお話 | COM(0) | TB(0) |
2010.07.09

クールなCA

CA業務はただ今のところ育児休暇中にも関わらず、
汗ばむこの季節になると思い出して、そして心配になる事が有ります。

蒸し暑い季節でもCAは爽やかに微笑みお客様を出迎えます。
でも実は、バッチリ着こなした制服は既に汗でじとーとしているのです。
今頃皆はこの不快さと「エアコンがきいてない」とイラつくお客さんに耐えているのに違いない。

こんな時、私の場合は原油高かを理由に
「燃料の消費を必要最小限にするためにエアコンの温度設定は制限されていましてぇ。
私達も困っているんですぅ。」
汗でテカる笑顔をお客様に見せ付けてかわしていたものです。

このシャツクールが有れば、嫌味を込めた対応もしなくて済んだのに。

シュシュシュとシャツの上から背中にスプレーしておきます。
汗に反応してひんやり、清涼感が漂ってきます。ステキ☆
CA皆で背中にシュシュシュ!笑顔も爽やかになるでしょう!
そして、暑い!と訴えるお客様も黙らせる事ができそうです。


Posted at 16:06 | CAのお話 | COM(0) | TB(0) |