--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.04

隠れ家的美術館☆板橋美術館

イタリア・ボローニャ国際絵本原画展Bologna Children's Book Fairなんて
とお~いところでやってると思っていたら
東京都板橋区に有る区立美術館でも一部が見れるんです ステキ☆


2013年度日本人入選者の方も多数いらっしゃるみたいで
近く感じませんか?
板橋区立美術館からスタートして各地で入選作品は巡回するそうですよ
2013イタリア・ボローニャ国際絵本原画展 巡回情報

そして、逃してはならない!美術館でのワークショップ
親子で参加して来ました
講師はオランダ人の絵本作家、ワウター・ヴァン・レークさん
通訳してらくださるのは、ワウターさんの作品を翻訳もされている野坂悦子さん
絵本の読み聞かせはオランダ語でも聞けるなんて、なかなか無いでしょ?ステキ☆
今回読んで下さった作品はケープドリ はつめいのまき



「つながる絵を描こう!」と題したワークショップ
画用紙に絵を描いて最後にその紙をつないで
なが~い作品が完成と言うわけ
テーマは読んで下さった作品に合わせて「マシン」だったかな?
機械の構造をイメージしながら自由に
予め画用紙の両端に黒い点が4つ書いてあって
その点を合わせたら絵が繋がって行くと言うわけです!


3歳のベビ男は只今お絵描きブーム
1人1枚で良いところをベビ男は4枚も描いたっ
読み聞かせでは最前列を陣取り
出来上がった絵を講師に見せに行ったり
楽しんでおる ステキ☆
最後は絵本にサインをもらって


他にもケープドリシリーズ有ります

ケープドリ あらしのまき


ケープドリとモンドリアンドリ


実は、普段は何の変哲もないロビーに
絵本画展のときだけオープンする「カフェ・ボローニャ」が出現するのです
関連商品も販売していて世界中の人気絵本を閲覧して…
その後はカフェテリアでゆっくりしたいのに
ベビ男は隣の公園へ行きたいと…
帰りはバス亭前の売店でソフトクリームを食べてと…
こじんまりした美術館にはステキ☆がたくさん詰まってました
そこが、隠れ家的美術館と言われる所以かな


にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 幸せ・ハッピーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://zacchicolor.blog20.fc2.com/tb.php/730-db1f6dac
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。