--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.09.06

雑誌Yoginiの人と

ワークショップ、最近良く耳にします。
昨日(9月5日)初めてヨガのワークショップに行ってきました。
東京、東日本橋にあるスタジオロータスエイトは5周年記念イベントを開催。
モデルでヨガインストラクターの吉川めいさんのレッスンが行われました。

雑誌Yoginiの表紙を飾るカリスマインストラクターの吉川めいさんのレッスンです。
申し込みに成功したところから、運命をちょこっと感じます。ステキ☆

スタジオはぎっしり40人。
ヨガマットを敷いたマイスペースは、前後左右の人と触れずに済むギリギリ幅。
ところが、そんな密な空間も心配後無用。
ヨギーニ達にとってヨガとは、自分と向き合う時間と分かっているのでお互い気になりません。
しかも、そのスタジオには多分、エネルギーも充満していて、
ヨギーニ達は空気が違うという事もお互い感じ取っているはずです。

そんなヨギーニ達が一斉にマントラを唱えると一体感を感じます。ステキ☆
(マントラを唱える、と言うと宗教的なお経を唱える様に思われがちですが
日本語で言う「いただききます」「ごちそうさま」の様な感謝の気持ちに近いような言葉です)
そのマントラは、歌のように響いてきて、鼻歌となって、
さらに子守唄となってベビ男にダウンロードされようとしています。
この響きはチャンティングと言って、
インドのサンスクリット語で発音するとても美しい聖なる音が、私達を癒しているのでしょう。

この空間のおかげで?小心者の私でさえ、吉川めいさんに「一緒に写真を撮ってください」と言えてしまう。
嬉しくってデジカメでレビューを何度も見ていますが…。
彼女に比べて、私の顔、体、腕がゴツイ事…。
トホホな気分もチャンティングで癒しておくとしましょう。














スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://zacchicolor.blog20.fc2.com/tb.php/253-258277f9
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。