--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010.04.27

ベビーサイン

「お魚」「お水」「助けて」
まだ言葉を話せ無い赤ちゃんがママにサインを見せたそうな。
跳びはねて金魚鉢から出てしまった魚を救ったと言う
アンビリーバボーなストーリー。ステキ☆

アメリカ発のこのステキ☆なコミュニケーションツール、ベビーサイン
面白そう。

ベビ男と私の先生は
2歳の息子さんと150個ものサインを操れるカリスマ。ステキ☆

さて、ベビーサインを操る赤ちゃん達は、どんな風に過ごしているのか?
講座体験に行って確かめて来ました。
「ラーメン作って」「電気つけて」とビデオに映る女の子はサインを出しています。
サインが出来る赤ちゃん同士は、やはりサインで玩具のやり取りをしています。

「ミッキーマウス」や「魚」を表すサインも有るそうで。
トイレで「ミッキー」とサインをする赤ちゃん。
でも何故トイレで「ミッキー」?
さあ、イメージして下さい。
トイレットペーパーが3つ積まれていたのです。
「隠れミッキーを発見」と教えてくれたと言うわけ!?ステキ☆

「隠れミッキー発見」体験談を聞いて
自らのベビーサインに関する、知識の薄っぺらさを感じた次第です。
「おっぱい」「オムツ」「暑い」「寒い」など
親子の意思疎通の為に使うものと考えてたよりも、奥が深いではないですか。
赤ちゃんらしい発想や気持ちまでも分かち合えて、
親子のコミュニケーションも豊富になる、ステキ☆なお稽古ごとではありませんか。

そんな私の夢は
ベビ男と愛犬シンバのサイン遊び。
シンバは「ミッキー」と言えばミッキーのぬいぐるみを持って来ます。
シンバに「ミッキー」サインを覚えさせれば…。
ベビ男がシンバに向かってミッキーサインを出すと
シンバははたしてミッキーのぬいぐるみを持ってきてくれるようになるのか?

まだ、一つもサインを使える段階でもないくせに、夢だけは大きい親子です。

※ミッキーマウスを表すベビーサイン
両方の手のひらを頭の上にあててミッキーマウスの耳に見立てる。

スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://zacchicolor.blog20.fc2.com/tb.php/225-e93ee389
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。