--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.02.07

イノシシ肉のポトフ☆

今年もドカン!と届きました
イノシシ肉をも料理するzacciです



お義父さんがお友達から分けて貰う、そのおこぼれです
最初は「珍しいお肉」って事で、受け取ってたのに
いつしか焼くだけの料理以外に挑戦してみたいと思う様になり
私から「今年はイノシシどんな感じですか?」と
遠回しに催促しています

当ブログにも毎年料理した様子をアップしているはず
今から思えば、最初の頃は酷い物だったなー
恐る恐る、ジビエ料理
真夏のシチューは、イノシシで
イノシシのラグーソース
近年は、ビストロシェフをご主人にも持つお友達に
コツを聞き出しているので腕はあがった♪



今年はポトフになりました
牛肉でつくるからポトフ
豚肉でつくるとポテ
イノシシ肉でつくったらなんて言うのかしらん?

作り方はとってもシンプル、そして仕込みが大切
冷凍で届いたお肉は冷蔵庫で解凍しました
5ミリ程の厚さの脂を取り除いて、重さを計ります
重さの2%の塩を用意したら、お肉全体に刷り込みます
ジップバックに入れて、24時間冷蔵庫で塩漬け

次の仕込み段階は一番だしをとる事なんです
塩漬けしたお肉の塩抜きは、流水で念入りに
大きめのぶつ切りにして圧力鍋に入れます
人参、玉ねぎも同様にカットして圧力鍋に投入
お水の量はひたひたで、圧力がかかったら20分~30分煮ます





思っていたより濃いスープになっていてびっくり
半量のスープは製氷器に入れて冷凍保存 ステキ☆
お鍋からはほんのりジビエ臭もするけど
あまり気にならないzacciです
塩漬けの時にローズマリーなんかも一緒に使えばもっと良かったかもねー

この一番だしの
クタクタになった人参と玉ねぎを取り出します
そして、捨てません
ここで一旦鍋ごと冷蔵庫に入れてスープを冷やします
脂が表面に浮いて固まるので
次のステップに進む前に取り除く為なんです

ここまでは家事の空き時間に、途切れ途切れで行いました
その方が「やらねば感」が無くて楽しみながら料理が出来ますね♪

冷やしたスープの上に固まった脂をすくい取って
お水を足しました
新たに人参と玉ねぎ、セロリを投入
ローリエとかタイムも有るともっと良かったかも
圧力がかかったら3分くらい煮込みます
余熱でキャベツとレッドキドニーを温めてみました

後で気が付いたのですが最後まで使った調味料は
塩だけ ステキ☆
それも、最初にお肉を塩漬けした時の塩だけ
野菜とお肉の旨味で十分だってことが、感動☆

お肉はホロホロ~
やはりジビエ料理には赤ワインが合いますな~



ところで、「捨てません」って言ってた
一番だしを取るのに使った人参と玉ねぎ
どうなったか…は次回書きます


にほんかブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 幸せ・ハッピーへ
にほんブログ村







スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://zacchicolor.blog20.fc2.com/tb.php/1227-9fa46567
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。