--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.04.05

パンレッスンで幼児期の体験、集大成?!

私が時々お世話になっているパン教室は
息子のクラスメートのママが先生
時々子供向けのレッスンも開催してくれるので
息子にチョココロネを作ってもらいました





自宅でパンを作っていると「手伝いたい」と言ってくれても
つい私が1人でやってしまう…
でも、子供がパンを作るって何か良い事有りそうじゃ無い??

子供パン教室を開催しているある先生は
3つの効果があるとおっしやっています
①自分にも出来るんだ、スゴイ!!
という自己肯定感が得られること。

②頑張って作ったと言う、記憶の宝物として残ること。

③パンがどうやって出来るのか?驚きや発見、
身近なものへの「興味」が沸くこと。

息子をお友達宅に預けた後は、あえて私は席を外しました
自由に感じるままに息子らしくレッスンに取り組んでほしいから
私が迎えに着いた頃
チョココロネの生地がぐるぐる巻かれて発酵中
生地を巻くこと難しいと思うのだけど
上手く出来てるんぢゃないの??





パイ生地を練り込んだ、少しデニッシュ感がある生地 ステキ☆
中に詰めるチョコレートクリームも指示どおりに作ったそうです
最後に絞り出すところも不器用ながらできました



焼き上がりを見た息子の反応は至って普通だったけど…
先にも触れた様な3つの効果が得られていたら良いなと思うのです

今までに経験してきた事…ベビーサインに遡る習い事に始まり
例えば「鉄活」、実店舗での◯◯体験、
美術館、博物館、オーケストラ、合唱コンサート
映画鑑賞、観劇、
サッカー、釣り、虫とり、キャンプ、
あ、それから、3歳まで一緒に過ごした大きな愛犬シンバ

果たして息子の自己肯定感を育み
記憶と経験の宝物になり
身近な物への興味と好奇心の種になっているのだろうか??
小学校入学目前に、幼児期をふと振りながら食べた
チョココロネなのでした


にほんかブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 幸せ・ハッピーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://zacchicolor.blog20.fc2.com/tb.php/1113-41057c3d
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。