2016.01.15

生オーケストラで聴くスターウォーズ

母からのお年玉です
世界まるごとクラッシック 2016のチケット ステキ☆
今年で2年目になりました
ありがとうございます

このコンサートは4歳から入場がOKで
かしこまったドレスコードもありません
家族で楽しめるお気楽な?!クラッシックコンサート
東京開催の他にも大阪、札幌、名古屋、広島の5都市で開催です

コンサートの指揮はもちろんプログラム編成
プログラムの編曲も
大型モニターに映る作曲家の肖像画を描くのも
マエストロ、青島広志先生です



あ、もう一つ忘れていました
このコンサートをリピしたきっかけは青島先生の愉快なMC
自ら選曲しておきながらも、退屈な曲だから
「イケメン演奏者さんでも見つけてその人の演奏を追っていれば良いのよ~」
とオーケストラの違う楽しみ方?を伝授するマエストロ ステキ☆
昨年からファンの演奏者さんがいて
消して退屈ではないのだけど自然と目が行ってしまいますワ

今年のコンサートの見どころは私にとっては3つ!
一つ目はお琴の名曲「春の海」をオーケストラで演奏 ステキ☆
尺八とお琴は使いませんよ
尺八はフルートでお琴はハープに代わり
何事もなかったように、そうつまり違和感無く響きます
特にフルートの演奏者さん(男性)、魂がこもっていて
羽織袴ではなくて蝶ネクタイだけど
自然と演奏する姿は尺八をふく姿そのものです
日本人だからこそ出せるステキ☆な音色でした

プログラムを見た時から
親子でワクワクしていたスターウォーズのメインテーマ
6歳の息子は大晦日に最新作「フォースの覚醒」を観てからと言うもの
それはもう、スターウォーズの虜でして
映画館で買ったパンフレットをバイブルにして読み込んでいます
生のオーケストラであの曲が聴けるなんて ステキ☆
感動して静止状態の私とノリノリの息子
それぞれの世界に浸りました

そして最後に「タイプライター」
「冗談音楽の先駆け」とプログラムに載っています
実際にも楽譜には「Typewriter」というパートが存在していて
ステージに本物のタイプライターが登場します
品格を失わず、コミカルに、タイプライターで演奏する姿が ステキ☆

次、いつ、このプログラムを聴けるか…と思うと…
体験と記憶がステキ☆なお年玉となりました


にほんかブログ村 子育てブログ 男の子育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ 幸せ・ハッピーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

この記事へのトラックバックURL
http://zacchicolor.blog20.fc2.com/tb.php/1073-3792db1e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する